頭皮ケアを考えるブログ

頭皮ケア記事まとめ

男女で違う頭皮ケアの考え

髪のトラブルは人それぞれですが、男女で違いが出る傾向にあります。なので頭皮ケアも男女で違い、男性は主に薄毛に対して頭皮ケアするのに対して女性は美しい髪を保つ為に頭皮ケアする事が多いです。フケや痒みに関する頭皮ケアグッズは男女共に買う人が多く、特に連日猛暑日続きの今年の夏は、フケや痒み関連の頭皮ケアグッズが売り上げを伸ばしている様です。デパートでは一角に特設会場を設置する程の人気ぶりで、アイディア満載のおもしろ頭皮ケアグッズから価格重視のお試し感覚でトライできる頭皮ケアグッズ、更には高級志向の本格頭皮ケアまでその種類は実に様々。自分の頭皮の悩みやお財布事情と相談しながら購入を検討できますし、見ているだけでも楽しいですよ。
フケや痒みを心配して頭皮ケアグッズを購入する事は決して間違いではなく、シャンプーやリンスを専門の物に変えるだけで改善する事もありますし、ブラッシング用のくしを買ってマッサージすると、頭皮改善だけでなく気分もリフレッシュされて気持ち良いです。しかし同時に、日頃の生活習慣も見直す事も必要でだと言えます。食事・睡眠・ストレス解消、普段の髪の毛の洗い方にも注意して下さい。すすぎはきちんとしているか、爪を立てて洗っていないか。この様に根本的な部分から見直して、しっかりとケアしていきましょう。

 

フケかゆみについて

頭皮トラブルで多いのがフケや痒みです。この症状を長い期間放置していると、深刻な悩みに発展してしまう事があります。例えば男性に多いのが抜け毛や薄毛。この問題は根深く、フケや痒みといった警告サインがなくてもいきなり起こり得る事もあります。男性ホルモンが多い男性陣は健康な頭皮のうちから「予防策」として頭皮ケアを行っておくのが適切かと思います。
特に今年の夏は暑く、頭皮がべたつくと不快感を抱いている人は多いです。だからといって過剰にシャンプーすると、逆に頭皮が乾燥してその乾燥を防ごうと頭皮が過剰に皮脂を分泌します。その結果乾燥して痒いのにべたつくという、頭皮の悪循環を引き起こしてしまうのです。シャンプーを何度もするより、一回のシャンプーで頭皮が爽快になる様なシャンプーを探してみましょう。爽快といってもスーッとする成分が入っていれば良いという訳ではありません、頭皮に問題がある人は、まず添加物が極力少ない低刺激のシャンプーを使って優しく洗い、何度もすすぎを行って洗い残しの無い様に気を付ける事から始めましょう。先程言った様に「予防策」として頭皮ケアを始めたいという人は、抜け毛を抑える
シャンプーや薄毛対策用のトニック等を使用してみるのも良いですね。頭皮マッサージでリラックスするのも髪に良いそうですが、やみくもにマッサージせずに本やネット等で正しいマッサージのやり方を調べてから行って下さい。

 

汗かく時期は特にきになる

この時期汗をかくからか、以前よりも頭皮の痒みが気になります。脂漏性湿疹(?)の様な湿疹も出てきてしまい、頭皮ケアに力を入れていかないといけないなと思い始めました。美容皮膚科でマイクロスコープを使い、頭皮チェックしてもらったら驚愕の結果が!ほとんどの毛穴が脂の様な物で塞がれていて、見るからに毛穴呼吸ができていない状況だったのです。健康な頭皮の状態を見せてもらったら毛穴がちゃんとあって、そこからしっかりとした黒い毛が生えていました。次にシャンプーを自分でして、もう一度頭皮チェック。毛穴らしき物はお目見えしましたが、白い脂カスの様な物がとれずに引っ付いたままです。私がショックを隠し切れずにいたら、店員さんは「皆さん皮脂があり、この様な機器で見
ると、毛穴がきちんとある状態の人の方が少ないかもしれません。」「その中でも汚れが酷くて詰まりが深刻な人が、正しい頭皮ケアをしなければいけませんね。」と教えてくれました。
とりあえず頭皮ケアをしている人達が良く使っているシャンプーとリンスに変更です。そして頭の洗い方も丁寧に指導してもらったので、その晩実践してみました。まずシャンプー前の予洗いをしっかりとして、頭皮の大まかな汚れを落とします。その後よ〜く泡立てたシャンプーで、地肌をマッサージする様に洗います。すすぎは丁寧に、今までの倍すすぐ感じで行います。リンスは地肌ではなく髪を中心につけ、すすぎはやはり丁寧に行います。乾燥したタオルでゴシゴシさせずに拭いた後、ドライヤーで乾かします。この時頭皮は良く乾かしますが、熱くなるまでドライヤーの熱風を当てすぎない事に気を使います。

 

頭皮ケアを気にしながら数日が経ちましたが、シャンプーの洗いあがりがスッキリして気分が良いですし頭が軽くなった気がします。このまま頭皮ケアを続行させて、健康的な頭皮を取り戻します。

 

頭皮のかゆみ|今からできる頭皮ケア